ラジオクラウドが始まったけど微妙

TBSラジオがポッドキャストをやめてTBSラジオクラウドが始まっが、最初はWebサイトだったので、スマホで使うには使いにくかった。ラジオクラウドのアプリができたと思ったら、今度はradikoがタイムフリーを始めて使いやすくなった。

選択肢があるのは結構だが、TBSはradikoのタイムフリーで「日天」を流さないで、ラジオクラウドに引っ張る戦略に出て結局はポッドキャストの時と同じようなことになっている。公共事業じゃないのでお金儲けになるように考えているのだろうけれど、視聴者目線だと、radikoで聞けた方が便利だと思う。

radikoのタイムフリーも、困った点がいくつかある。番組を聴き始めると時間制限が発生してしまうので、長い番組を朝聴き始めると仕事帰りに続きを聴くことができないことがある。これは不便だ。ポッドキャストなら続きを聴けるのにこの設定ってどんな得があるんだろう。それと、早送りがしにくい点も不便に感じる。CMスキップできないのだろうけれど、長い番組内でコーナーごとにジャンプする機能はつけて欲しい。

最初はNHKの基礎英語を毎朝聞いていてスマホでラジオを聴く習慣ができたわけだけど、耳から情報を入れるというのは電車の中では中々便利で、ニュースなども意識して聴いている。タイムフリーの機能はもう少し進化してくれるとうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください