天井照明が突然壊れる

金曜日の夜に気がついたのですが、寝室の天井照明、シーリングライトって言うらしいですが、そいつが壊れました。去年の夏頃からアレクサにつけろとか消せとか言って便利に使ってきたのですが、急につかなくなったので、蛍光管が切れたと思って新しいのをコジマに買いに行き、付け替えて見ても真っ暗。この段階でもう本体が壊れたのだろうとあきらめ気分になったので、天井から外そうとしたのですが、外し方がわからない。ていうか、親切に本体に書かれているので、表示の通りやればいいのですが、暗くて読めない。デジカメで撮影するも暗いので手ブレでよくわからない状態。そこでAmazonでLEDヘッドライトを購入。今朝届きました。それを使って手順を読んで取り外しに成功。

常夜灯は点灯するので、通電はしているわけで、蛍光灯部分の接続がおかしくなっていると思われます。仕方が無いのでコジマに本体と昨日買った蛍光灯三千円也を持って相談に行きました。修理担当の人が、蛍光管をチェックするアイテムで正常に点灯するのを確認してくれて、本体がダメということがはっきりした瞬間、もう新しい天井照明を購入する方向で話が始まってました。修理という選択肢は全く出ない感じ。まあ、自分も修理に出しても新しいの買うより高くなるだろうと思っていたし、なんと蛍光灯を返品扱いしてくれる上に、持って行った古い本体を廃棄してくれるというので新規に購入することにしました。修理相談のお兄さんから売り場のお姉さんにチェンジして、LEDシーリングライトの売り場に行き、売れ筋のものを勧められたのですが在庫が無く、タイマーで付けたり消したりできる少しだけお高い機種を購入しました。九千円くらい。

どでかい段ボール箱を持って帰宅し、すぐに取り付けました。困ったことは、リモコンが変わってアレクサでの操作ができなくなったこと。だいたい、家電コントロールという赤外線リモコンの集中制御をする装置の選択肢に購入したライトの型番が無く、スマホ上からは操作できる同系統と思われるリモコンを選んだのですが、アレクサからの命令では反応無し。もう少しいじくらないと作動しないかも。便利だったんだけどなあトイレのアレクサから寝室の電気消せるの。そんなわけで、この土日は結構散在したというわけです。さらにコジマのカードをキャッシュカード付きに変えました。これは、ゴミも引き取った上に開封済みの蛍光灯を返品にしてくれた恩を返すためです。義理堅いなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください